印鑑の材質と書体について

   

印鑑の材質

 高級な印鑑だから大吉とは限りません。一昔前、象牙の印鑑が人気であったり現在ではチタンなども人気の材質だとも言われています。
では、実際のところどの材質が印鑑に最適なのか? それはズバリ「柘植」といわれています。
 象牙は動物の骨であり生命力はありません。象牙意外でも黒水牛なども同じです。希少価値はあるかもしれませんが吉相ではありません。 金属や樹脂でできた印鑑も生命力がなく、チタン等も吉ではありません。
 やはり木材の中でも柘植が最も適した材質といわれています。 風雨に耐え忍び年輪を重ねた柘植が生命力を宿して吉相の印鑑の材質には最適ではないでしょぅか。
 もし長い間使用している中で印面が欠けてしまったりした場合は、再度作り直すことが大切です。 長く使った愛着などあるかもしれませんが、新しい息吹をもらうため新しい印鑑を作ることも運気を維持する一つの方法です。

大吉の書体

 印鑑の書体には様々なものが使用されていますが、八方篆書体(または印相体、吉相体ともいわれる)が吉とされています。
篆書体を基として印面の枠に向かって上下斜めと四方八方へと広がる文字が特徴です。 印鑑であらわされる運気とは、印面の枠に接する線の位置、太さ等をみていくものですからバランスが非常に大切なのです。


関連記事は下記から…

印鑑と人生
印鑑の処分方法
開運印鑑について
運気を下げる印鑑とは
その他の話題やエッセイ、記事はこちらから…

credit:NASA

サイトマップ

リンクサイト

〜 本棚 〜