開運印鑑と印相について

   

悪徳商法

 良くないことではありますが、印鑑商法は今でも健在のようです。
「このままでは未来のあなたに大きな不幸がやってくる。
 この印鑑を購入することにより、降りかかる不幸から免れることができる…」
印鑑のみならず、壺や掛け軸など様々ではありますが、未だに被害が絶えない悪徳商法でありましょう。 占いに対して正しい知識を持っていれば、このような悪徳商法に引っかかることはないのではありますが…。

開運印鑑について

 そもそも印鑑を大吉に変えることが開運につながるか…、 という大前提的な事柄についてチョッと述べてみたいと思います。
 印鑑占いなどは占いを大別すると相術というものになり、相術とよばれる占いには手相や人相、家相などがあります。 この相術が受け持つ運勢鑑定の根底にある共通項というのは、 “只今の運勢を表わす”という要素が多いということがいえます。 自分自身の運勢の状況が人相や手相または印鑑など人の目に見える形になっているものなのです。
 だから印鑑を大吉に変えただけで、 病気が治ったり結婚が決まったり仕事が大成功を収めることができたりするということではなく、 近々運勢が大きく好転するからこそ、大吉の印鑑を無意識のうちに換えているだけなのです。 決して印鑑が大吉になったから開運する、という事ではなく、 開運時期に自然と大吉の印鑑へと変えているだけなのです。
 つまりは大吉の印鑑を購入することで開運へと直接導かれるのではなく、 開運する時期に合わせて大吉の印鑑を知らず知らずのうちに購入しているに過ぎません。
 そして今もっている印鑑が凶相である場合は、その印鑑を購入した時期が衰運期であったことを意味しています。

印鑑は人生を変えられるか?

 私が実体験したことですが、大吉の印鑑をなくしたことがあります。その前後辺りから金運がガクンと下がりました。 仕事も上手くいかなくなった時期でもあります。 それは大吉の印鑑を失くしたから金運や仕事運が下がったのではなく、 そういう運気の時期だからこそ大吉の印鑑を失ってしまったのです。 もしかしたら印鑑が身代わりとなって、大難を小難へ変えていたのかも知れません。
 手相で自分で手のひらに開運線を書き入れ強くイメージすることにより開運を促す裏技があるように、 先に大吉の印鑑を購入して開運を促すという事もできなくはありませんが、 裏技はあくまで裏技であり開運の正道ではありません。 印鑑は開運アイテムの一つではありますが、あくまでその人の運勢を表わすバロメーターに過ぎないのです。
 一部の占い師や霊能者が言うほどに、印鑑を変えても根本的に人生は変えられません。 印鑑や壺、掛け軸を何十万何百万とお金をかけたところで、それだけで人の人生を大きく変えることなど皆無です。 それが可能という事であれば、物々交換によって人の幸不幸がコントロールできてしまうことになってしまいます。
 いわゆるパワーストーンやラッキーアイテムと同じように大吉の印鑑を買って多少の開運は望めるでしょうが、 印鑑で病気を治したり…、壺を買って結婚…、掛け軸を買って寿命を延ばす…、 人生を左右するほどの開運は期待過剰というものです。それほど人の運勢は単純でもありません。

運勢が変わるから、印鑑を変えている

 では、大吉の印鑑を購入することは全くの無意味かというとそうでもありません。
 仕事を独立させるとき、結婚するとき、わざわざ運の悪い印鑑を持つ必要はありません。 開運の足を引っ張るだけです。今、使っている印鑑が凶相であれば、積極的に大吉の印鑑に変えるべきです。
 運勢のバロメーターとはいえ、その不運時期に使用していた凶相の印鑑とは、いうなれば“負の遺産”です。 開運しようとしている事に対して邪魔してしまうことは容易に分かります。 経理の達人ともなれば、手形に押印されている印影をみただけで、その会社の財務状況を読み取ることができるといいます。 それだけ印鑑が重要であり、何かしらのマイナス波動が出ているのであれば直ぐにでも手放すべきなのです。
 そして凶相の印鑑に気付き、大吉の印鑑に変えようとしているときこそが、不思議と自分の運勢の切替時期になっていきます。
 但し何度もいうように印鑑を変えたからといって運勢が変るのではありません。 運勢が変るから知らず知らずのうちに印鑑を変えているだけです。


関連記事は下記から…

印鑑の処分方法
開運印鑑について
運気を下げる印鑑とは
印鑑の材質と書体について
その他の話題やエッセイ、記事はこちらから…

credit:NASA

サイトマップ

リンクサイト

〜 本棚 〜