吉神の働きについて

   

天道・天徳

 人から財力が得られる方位。凶作用をある程度軽減させる働きがある。
但し凶の象意がなくなる訳ではなく、不幸中の幸いというように凶の中でも助けがある。

月徳

 物事が順調に運ぶ方位。第三者からの援助が得られる方位。就職に良い。

天徳合

 物事が陰に隠れて良好を得るのによい方位。建築関係が吉。

月徳合

 衆悪が去っていき百福が集う方位

生気

 活動が増え財運にも恵まれる方位。

月空

 目上の引き立てが得られる方位。財運にもいい。

吉神について

 吉神は方位だけでなく、先天運、性格鑑定、同会法、時期運を見る時も有効です。
また吉神は本命星の相生星と重なる場合は吉の意味を増大させ、相剋の星、凶殺と重なる場合は 凶作用を軽減させ、不幸の中でも救いがあるように導かれる意味があります。 吉方位に天道があると非常に吉作用を増幅していきます。

大歳、月建、日辰

 大歳はその年の十二支の方位、月建はその月の十二支の方位、日辰はその日の十二支の方位です。
いずれも本命星の相生星と重なる場合は吉の意味を増大させ、相剋の星、凶殺と重なる場合も 凶作用を増大させてしまいます。吉凶の両方を増幅させる働きがあるようです。

 

関連記事は下記から…

方位の効果はいつあらわれるのだろうか
その他の話題やエッセイ、記事はこちらから…

credit:NASA

サイトマップ

リンクサイト

〜 本棚 〜