検証 方位の効果があらわれる時期

   

検証

 気学の祐気作用はある一定の法則で現れやすくなります。 方位を取ったからといっても、ずーっと作用しているわけではなく自覚できるタイミングがあります。 そのいくつかの例を示してみましょう。いずれも全て私自身体験した事実になりますが、 10年以上前の記憶ですから思い出せない部分もありますが、可能な限りイベントを当ててみました。

2002年12月 西北 八白土星 生気

この時は石川県の白山に行きました。
4年目…2005年に長男誕生。13年目…2014年転職
確かにこの方位(西北)の作用は厳しい傾向がありました。

2003年10月 西 八白土星

この時は甲府に行きました。
7ヶ月後…入籍。4年目…2006年に転職。13年目…2015年に第4子誕生
この方位(西)の効果は結婚、出産といった比較的楽しいものが多かったようです。

2006年4月 北 八白土星

 この時は福島県の磐梯に行きました。日帰りです。
10年目…2015年に第4子誕生

2007年11月 東 九紫火星 天道

 この時は千葉県銚子に行きました。日帰りですが、非常に気が良かったことを覚えています。
1年目…2007年に一戸建て購入。4年目…2010年次男誕生。7年目…2013年三男誕生。


これらはすべて金気法、水晶の玉埋めを行ったものです。やはりではありますが、最大吉方の天道である方位での効果が 極端に出ているようです。2007年11月の祐気作用について13年目は2016年(現時点では来年)ですのでちょっと楽しみです。 偶然ですが2016年は私にとって一大転機の年になることが別に分かっていますので、どうなることか…。

 

関連記事は下記から…

方位の効果はいつあらわれるのだろうか
その他の話題やエッセイ、記事はこちらから…

credit:NASA

サイトマップ

リンクサイト

〜 本棚 〜