メルカトル図法 VS 正距方位図法

   

正しい方位と地図

 気学や風水による祐気取りや吉方旅行などを行うにあたり必要な要素の一つとして、 “正しい”方位を求めなければなりません。実はこれが意外と厄介なものなのです。
 私たちが良く目にする地図の一つはメルカトル図法とよばれるものがあります。 この地図は学校の授業で使った地図帳によく描かれてあり、世界地図といえばすぐに思い浮かべる地図の一つだと思います。 しかしこの地図は赤道から離れれば離れるほど歪んでいるもので、距離や方位・面積といったものは真実とは少し違います。 この欠点をなくし、正しい方位と正しい距離を現した正距方位図法というものもあります。

メルカトル図法の東と正距方位図法の東

 気学や方位学ではこのメルカトル図法を用いるか正距方位図法を用いるかの議論があります。 下の地図を見比べてほしいのですが、東京からLos Angelesを地図上で見た場合、 メルカトル図法では「東」になり(地図1)、正距方位図法では「東北」となります(地図2)。 したがって流派によっては吉方位になったり凶方位になったりとしてしまい、流派同士の対立を生むものとなっています。

地図1 メルカトル図法では東京から見てLos Angelesは東になる。

メルカトル図法

地図2 正距方位図法では東京から見てLos Angelesは東ではない。

正距方位図法

占いとして正しい方位とは

 そもそもこの話をややこしく分かりづらくしているのは、 私たちが住んでいる地球が丸く球面体であり、私たちはその湾曲した表面に生活しているからなのです。 自然科学や地理学において、地球上で正しい方位を現す地図は正距方位図法であり、 方位を算出するには球面三角法という計算が適しているので、 気学などの占いの方位学においてもこの手法をとりたくなる事は容易に理解できますし、 使用したくなる占い師の気持ちもよくわかります。しかし、ここのところが大問題なのです。つづく…。


関連記事は下記から…

メルカトル図法と正距方位図法 2
北はどこ? 磁北と真北
その他の話題やエッセイ、記事はこちらから…

credit:NASA

サイトマップ

リンクサイト

〜 本棚 〜