お水取り

   

水気法

 気学の開運方法の中で最もポピュラーで人気のある方法が水気法、いわゆる「お水取り」と呼ばれるものです。 行ったことがある人も多いと思います。
 東洋占術の根幹である陰陽五行説では、 この世のすべては木火土金水の五行バランスによって構成されていると考えられています。人間も然りです。 水気法、いわゆるお水取りは、木火土金水という五行の中の水を使います。
 ところで人間の体は約80%程度は水でできています。それだけ水は人間の体、細胞に浸透しやすいものです。 自分にとって吉の波動を宿した水を体内に取り込むことによって、 健康運や運勢を改善していこうとするものです。 東洋医学でも水は身体の木火土金水のバランスを整える重要な役割があるといわれています。 また、水という物質は“波動”を宿しやすいとも言われます。 そんな理由からか分かりませんが、お水取りは比較的実践しやすく、かつ人気がある開運方法なのです。

お水取りの方法

 お水取りといっても吉方位に行って水を飲めばいい、なんて至極単純なものではありません。 やはり技法と呼ばれる以上、色々な約束事や決まり事があり、そのルールに則って行わないといけないものです。 それから最近は一部で気学ブームが騒がれ、 お水取りツアー等もあり多くの方が九星気学に親しんでいただくことは大変ありがたいことではありますが、 ちょっとした誤解やマナー違反などもチラホラ見かけてしまいます。 以下にお水取りの注意事項を記しますので、ここを読まれた皆様は肝に銘じていただきたいです。

お水取りの注意事項

■自分でお水を取ってくるのが基本です。他人に取ってきてもらうことは避けましょう。 また他人にあげることも駄目です。
■水道水や売られているペットボトルは不可。
井戸や湧き水の自然の気がたっぷり入っている水を貰う。
“気”の悪いところ(お寺やお墓の周辺、暗い感じのする土地など)の水は避ける。 水は周囲の気を受けてしまいやすいので周辺の環境が清々しい自然のままの状態の土地を選ぶことです。飲料に適した水を貰う。
■神社でのお水取りは礼節を守ってお水取りを行う。
ただ神社にこだわる必要はありません。自然の水であれば可です。 ちなみに神社でも水道水を流しているところも多いですから注意が必要です。
■神社やその周辺でのお水取りを行う場合は神社の神様にお祈りしてからお水取りをしましょう。
お水取りをする前には、許可「お水を頂きます…」のお祈りを、 お水取りをした後は感謝「お水を頂くことができまして有難うございます…」というお祈りをしましょう。 御玉串も忘れずに…(神社の良し悪しの判断は必要です)。あくまで礼儀礼節として必要なことです。
■お水取りの際は私語を慎み心静かに行います。
その場で口をゆすいだり、塩をまいたり、周りを汚すことは厳禁です。

お水取りのやり方

■お水取りのタイミングは年盤月盤日盤時盤で同じ九星が同会するときです。但し土用の期間は行えません。
■方位は上記のタイミングで最大吉方になる方位です。 日本国内であれば年盤は無視できるレベルですが、可能な限り揃えるべきだと思います。
■お水取りは、その場で二口か三口位は呑みましょう。後はペットボトル程度の量を持ち帰ればいいでしょう。
ポリタンクなどに大量に持ち帰る人もいますが、大量に摂取すればいいものではなく無意味だと思います。

お水を入れる容器等について

■水を入れる容器は光を通さない密閉できる容器を使用する。お勧めはお酒の紙パック(500ml)の容器です。 キャップがついて容器は紙パックですのでお水取りには最適だと自分では思っています。
■保存は冷暗所です。但し冷蔵庫は避けましょう。
■加熱したり凍らしたりすることは不可です。
■お水は毎日朝に少しずつ飲んだり、霧吹きで衣類に吹きかけたりして使用できます。
だいたい数日くらいで使い切りましょう。夏などは食中毒にも注意が必要です。

その他の話題やエッセイ、記事はこちらから…

credit:NASA

サイトマップ

リンクサイト

〜 本棚 〜