気学の開運法

   

開運に強い気学

 占術には様々な方法があり、それぞれ得意とする分野があります。 九星気学は運命鑑定もさることながら開運技法に秀でており、比較的簡単にそして大きな開運を手に入れることができる占術です。
 気学を風水と混同する占い師(風水気学等と称する…等)もおりますが、 風水とはまたちょっと違ったものになります。 そもそも日本でブームになっている風水は本来のものからズレている部分も多く、色彩に偏ってしまっていますね。 本来の風水はちょっと印象が違うものなのです。
 九星気学でいう開運技法としてメジャーなものは、“吉方旅行”や“祐気取り”と称する、 現在住んでいる(通常、寝る場所)ところから、ある方位にいく方法があります。 自分が方位に対して動いて、自分にとって良い“気”を吸収してくるのです。 そして運気をチャージして開運に導くものです。
 この吉方旅行や祐気取りに加え、お水取りやお砂取り、水晶玉を埋める埋金法等が比較的メジャーな開運技法です。

五行の開運

 気学や方位学といったものには五行、つまり木火土金水における開運技法が伝わっています。 名称や方法には流派や占い師によって多少の差異はありますが、大方下記のように分類できるでしょう。

木気法

 杭打ち法ともいう。吉方位に行き願いを込めた木製の杭を土の中に打ち込んでくる。
また、吉方位に行きそこの土地に自生している樹木を持って帰ってきて、自宅に庭に植える方法。

火気法

吉方位に行き、願いを込めながら線香等で火を灯してくる。または神社仏閣などで護摩祈願を行ってくる。

土気法

お砂取りともいう。吉方位に行きそこの土地の砂を取り、自宅や寝具の下などに砂を撒く方法。

金気法

玉埋め、埋金法ともいう。水晶玉に願いを込めて吉方位に行き土の中に埋めてくる方法。

水気法

お水取りとして有名。吉方位に行き、自然の水を飲んだり、持ち帰ってくる方法。

パワースポットブームの影

 パワースポットがブームです。 メディアに取り上げられた場所には、運気やパワーをもらいに来る人が大勢いるといわれます。 そんな大勢の人々の中にはマナーを守らず、自然を荒らしたり、観光気分でおしゃべりしながら、また傲慢な自己満足の心で、 そのパワースポットを訪れる人が絶えないといいます。 パワースポットとは、自然の気に満ちた場所です。大地のエネルギーが噴き出す“龍穴”もその一つです。 その場所は神秘的でもあり非日常的な雰囲気を醸し出すスポットでもあります。
 だからこそ、自然に対する敬意をもって訪れるべきです。

お砂取りの功罪

 どんな開運技法にも欠点があるということを理解しておかなければなりません。
 たとえばお砂取りは本人に取って大吉方位の砂であっても、同居している家族の中に凶方位になる人がいれば、 その人にとって砂はマイナスのエネルギーになります。木気法による樹木を持ち帰る方法も同じです。
 このようにマイナスの影響を受ける人がいることを忘れないでください。

お水取りと玉埋め

 お水取りと玉埋めに関して言えば、他人に迷惑をかけることなく自身の運気を上げることが可能です。 また比較的お水取りは実行しやすいものです。
 正しい知識を以てお水取りを実践してみましょう。

その他の話題やエッセイ、記事はこちらから…

credit:NASA

サイトマップ

リンクサイト

〜 本棚 〜