ハウス分割法についての考察

   

ハウスの分割方法について

 占星術の初心者がチャートを作成する場合、まず戸惑うのがハウスの分割方法ではないでしょうか。
 ここでは数多くあるハウス分割方法のうち、そのうち幾つかを簡素に紹介したいと思います。

ブラシーダス法

 17世紀のプラシドス・ドゥ・ティトーによって考案された方式といわれ、18世紀のフランシス・ライトが世界に広めたものです。 日本には早くから紹介されたハウス分割方法で、日本では現在でも最も多く採用されている方法のひとつです。
 ASCとMCの位置から時間的に三等分しハウスのカスプ位置を求める方法です。 ラファエルの天文歴がこの方法を採用し、アラン・レオも使用したハウス分割です。
 但し、北欧地域など高緯度地域で使用するとかなり偏ったハウスになる欠点があります。

イコールハウス法

 最も簡単なハウス分割の一つでASCから黄道上を空間的に30度ずつ12等分区切る方法です。
 プトレマイオスや近代ではマーガレット・ホーンが使用した方式ですが、 MCが10ハウスに入らない場合があるという点があります。

コッホ法

 20世紀に入ってウォルター・コッホが考案したハウス分割方法です。前述のプラシーダスでの欠点を補えるもので、 日本でも使用する人が増えているといわれているハウス分割の一つです。
 時間的に12等分してハウス分割を行うという単純明快な方法ですが、 実は9世紀あたりにすでにコッホ法に近い分割法が使用されていたともいわれます。

キャンパナス法

 13世紀にキャンパナスが考案した方式といわれます。 天球を地平面を基準として単純に空間を12等分したもので、 出生場所での真東と真西、天頂とその反対を結ぶ線、 卯酉(ぼうゆう)線プライム・バーティカルをハウス分割の基準にした方法です。 そしてカスプがハウスの境界線上ではなく中央にくるようにハウス分割します。 近代ではルディアがこのハウス分割を使用していました。

レジオモンタナス法

 15世紀にレジオモンタナスが考案した方式といわれます。 考え方はキャンパナスとほぼ同じですが、 カスプをハウスの境界線上にしている点でキャンパナスと違っています。
 厳密に説明するならば、キャンパナス法の場合は出生場所の卯酉(ぼうゆう)線プライム・バーティカルをハウス分割の基準にしていますが、 本来のレジオモンタナス法は天の赤道に対して12等分します。 しかし近年キャンパナス法と同様に卯酉(ぼうゆう)線プライム・バーティカルをハウス分割基準とするものが主流になりつつあるといいます。 結果的にはキャパナスとレジオモンタナスはハウスの境界線が違うだけになっています。

ソーラーサイン法

 出生時の太陽があるサインを第一ハウスとする方法です。
 簡易的にプログレスで運勢判断する場合などに使用できる方法でもあります。

ソーラー法

 出生時の太陽がある位置をASCとして12等分するハウス分割方法です。
 出生時間がわからない場合などの最終手段として使用できるものです。 その場合では当然ながら、月などの動きの速い感受点は正確な位置を求められないので考慮しないことが必要です。

どのハウス分割法を採用すればいいのか

 ここで紹介したハウス分割のほか、トポセントリック法など多種多様に様々なものが存在します。 では、どのハウス分割法を採用すればいいのでしょうか?
 どのハウス分割法を採用するのか…、という問いに対してはいずれのハウス解釈は同じですから、 とりあえず一通りの方法を実占に使用してみて自分に合った、“当たる”方法を採用すればいいと思います。 日本で最も一般的といわれるプラシーダス、そのプラシーダスの欠点を補うコッホ、 幾何学的に美しいとされるキャンパナスまたはレジオモンタナスのいずれか落ち着くのではなでしょうか。
 名を残した占星術師ですら共通したハウス分割法を採用していた訳ではありません。 前述した通りアラン・レオはプラシーダス、マーガレット・ホーンはイコールハウス、ルディアはキャンパナスをそれぞれ使用していたといいます。 つまりはハウス分割法に優劣はなく、鑑定者によって使い易さが違うだけだと推測できます。
 分割方法が多くあることは占星術の欠点や不備ではありません。 人間の運命構造は様々な角度で解説できるほど複雑でかつ多様性があるためではなかろうかと私は思っています。

 
その他の話題やエッセイ、記事はこちらから…

credit:NASA

サイトマップ

リンクサイト

〜 本棚 〜