占星術の歴史 その1

   

占星術の発祥

 人類史上、占星術の発祥は紀元前3000年メソポタミア文明といわれております。 アラビア半島のチグリス・ユーフラテスの流域にシュメール人が住みつき農耕を中心とした文化を築いたのです。 人々の生活の中では洪水や干ばつなどの周期的に襲ってくる天候や季節の移り変わり、突然やってくる天変事変は 彼らを自然や天体に対し特別な眼差しを向ける動機になったことは間違いないでしょう。
 メソポタミアから出土した世界最古の文献、ギルガメッシュ叙事詩には 「大洪水は、太陽と月やほかの惑星との交合の結果である」と記述があり、 すでに占星術の基が作られていたと想像できます。
 紀元前625年、バビロニアが興ると首都バビロンを中心に占星術は発展を遂げていくことになります。 当時の科学は想像を絶するほど高度だったらしいことがわかっていて、遺跡やその痕跡からは数学や天文学、 暦法、建築学や芸術、医学に至るまで相当なレベルだったといわれる。
 バビロニアを構成していたのはカルディア人という人種。カルディア人は高度な科学に精通していて 「神聖科学の管理人」と自認しており、高度な科学に通じていた人はほとんど占星術を学んでいたといわれています。
 高度な科学をもった古代バビロニアはその後、アッシリアに滅ぼされてしまいます。 その時、散り散りになったカルディア人がペルシアやエジプト、ギリシアに占星術を広めていったというのが通説です。  このころの占星術とは国家の情勢を占うことが主流であり、一部の特権階級にのみ占いが許されていたそうです。

プトレマイオスの功績

 紀元前330年、アレキサンダー大王がギリシア・エジプト・ペルシャを統一すると東西文化が集約され、 天文学をはじめとする自然科学は空前の発展を遂げることになります。 占星術もヘレニズム文化やギリシャ神話と融合して発展していきます。 春分点を計測した天文学者のヒッパルコスが活躍したのもこの時代です。
 2世紀頃にプトレマイオスが出現します。プトレマイオスは地理や天文学に精通しており、 彼の時代よりも200年も前の天文学者ヒッパルコスが遺した資料をもとに 星々の観測を続け世界最初の天文地図「アルマゲスト」、投影法を用いた世界地図「コスモグラフィア」を完成させた。
 また現代にまで「占星術の教科書」といわれた「テトラビブロス」の完成もプトレマイオスの功績だ。 「テトラビブロス」とはプトレマイオスのオリジナルではなく、 当時の各地域に広がっていた占星術の知識や技法を集めて編纂したものであり、 「テトラビブロス」に書かれてあるサインやハウス、アスペクト等の解釈は現代とあまり変わりない内容です。 プトレマイオスは地球が宇宙の中心という天動説を唱え、天文学や占星術に理論を反映させたが、 今も変わらず現代占星術のチャートも天動説に基づいて作成されるのはプトレマイオスから引き継いだものといえよう。
 また、プトレマイオスの他にもマニリウスという人物が「アストロノミコン」という詩的内容の占星術書を残している。

アラビア時代の占星術

 ヨーロッパではカソリック教会が猛威を振るっていたため占星術が衰退していくなか、 キリスト教の影響を受けていないアラブ世界で占星術が発展を遂げることができた。 アラブ世界では占星術の哲学的な思想には関心が向かず、どちらかというと実用的な技法に発展がみられたという。 パート・オブ・フォーチュン等のアラビックパーツの考察もこの時代からである。
 この時代に名を残したのはアブ・マーシャルという人物がいる。9世紀に活躍した人で「占星術概論」をはじめとして 多くの書籍を残した。これらはこの後のルネサンス期で占星術が復興することに大きく貢献したといわれ、 ヨーロッパでの占星術ブームの先駆けになった人でもある。

ルネサンス期の占星術

 13世紀にはトマス・アクイナスという人物が活躍する。トマス・アクイナスは「神学大全」という著書を著した人であり、 占星術を積極的に支持した人でもある。有名な言葉で「星は勧誘するが強制はしない」というのを残している。
 15世紀になると科学にも大変革が訪れることになる。それはコペルニクスによる地動説の発表だ。 地球は太陽のまわりを回っているという、今では当たり前なことが当時では社会全体を巻き込むセンセーショナルな発表だった。 コペルニクス自身は地動説を唱えたものの、それを証明する方法を見つけ出したのはティコ・ブラーエであり、 実際に証明したのは17世紀の天文学者ケプラーだった。
 プトレマイオス以降、占星術も天文学も天動説の中で発展してきた。 しかし地動説の登場により天文学と占星術は同棲関係といえた時代は終焉を迎えることになり、以後両者の溝は深まっていった。
 ルネサンス期には天文歴を出版したウィリアム・リリー、占星術と人相を融合させた「観相術」を編み出したイギリスの数学者カルダーノ、 予言詩で有名なフランスの医師ノストラダムスが有名だ(つづく)。

関連記事は下記から…

占星術の歴史 その2
その他の話題やエッセイ、記事はこちらから…

credit:NASA

サイトマップ

リンクサイト

〜 本棚 〜