願望成就と幸せ

   

願望成就は幸せか?

 人が占い等の精神世界に興味を示すときというのは、 不安に悩まされているとき、迷っているとき、不運に陥っているとき、この傾向が垣間見えます。
鑑定依頼には、
「この恋愛は成就できますか」
「私は幸せな結婚ができますか」
ということは良く聞かれます。その胸の苦しみは痛いほど分かります。 でも自分の願いが叶うこと、思い通りに願望成就することが幸せなのでしょうか。

幸せとは

 ではいったい、幸せとは何でしょうか?
 別の角度から話を進めてみたいと思います。
 マザーテレサは「人はどれだけ社会に役に立ったか、で価値が決まる」と述べているように、 多くの人は自分の存在価値が認められたときに幸せを感じることができるといいます。 またより大きくステップアップしたときにも喜びを感じます。 収入が増えたり、会社を大きくしたり、上司に認められ出世したり、 結婚や出産等の人生のステップアップなど、それにあたるかと思います。 しかしその幸福感が他人の苦しみや悲しみ、犠牲の上に成り立っていたらそれは本当の幸せではないはずです。 「我よし、人よし、すべてよし」という自他共に幸せを共有できることが本当の幸せと思います。 このように人は他の生物にはない高い精神性と文化があり、それに基づいて幸せが感じられているのです。

幸と不幸は別物

 また幸と不幸の違いについてですが、これには当人の受け止め方や考え方が大きく影響を受けてしまいます。 よく例えられる話として100万円を少ないという人と多いという人がいます。 他にも、目の前に水が半分だけ入ったコップがあるとして、 「半分しか入っていない」と感じる人と「まだ半分も入っている」と思うのでは大きく差が開きます。 大病を患って入院すると 「病は気からだ。不自由かも知れんが読書の時間が増えたんだ。専門書でも読むか。」 と無理やりにでも前向きに受け止める人と、 「はぁ…、寿命もいくばくか…」と溜息をついて窓の外をボケーっとみてるだけの人では、 その後の病状にも影響してくることでしょう。 “病気イコール不幸”とは言い切れません。 大病を患っても笑顔を忘れず目標と向上心をもって、 不自由に対する不満を口にせず一生懸命に生きている人は決して不幸人ではないはずです。
 何が言いたいのかといえば、幸不幸とは環境や自分の願いとは別物だということです。 天台智の言葉に“一念三千”というのがありますが、 これは「心にある一念が三千世界を駆け巡り影響を与える」 「只今の自分の心にあるひとつの念(想い)がこの世(身の回りの環境)をつくる」ということです。 自分の想いが身の回りの環境を作り結果として幸不幸という形で現れてくるものです。

幸と不幸を決めるもの

 すべての願望成就がそのまま自分の幸せに結びつかないということ、 人生においては本人が望むことも望まないことも全て必然性をもって身の上に降りかかってくるものなのです。 ここを理解できないのであれば、占いというものを正しく運用できないばかりか、人生の路頭に迷うことになりかねません。
“因果応報”という言葉の“因”とは原因の“因”、“果”とは結果の“果”です。 結果があるということは必ず原因があり、原因のない結果はない、ということです。 しかもその原因はどこにあるかといえば自分自身にあるものなのです。 このように身の回りの環境や状況が幸不幸を決めているのではなく、 自分自身の受け止め方、考え方によって幸不幸が決まってくるのです。
 当事者が人生上に起きる事柄をどう受け止めていくか、占いは私たちにひとつの指南を示してくれ、 人生上に起こる事柄の本当の意味を教えてくれるものなのです。

その他の話題やエッセイ、記事はこちらから…

credit:NASA

サイトマップ

リンクサイト

〜 本棚 〜