占いの使い方

   

大衆向けの占い

 大抵の雑誌を開けば星占いのコーナーがあります。 また、朝のテレビ番組には必ずといっていいほど占いランキングがあります。 それだけ占いは私たちにとって身近なものになっているといっていいでしょう。 しかしこの浸透している占いについていえることは、本来のものよりも簡素化されているということがあげられます。 星占いといっても、「牡牛座生まれ…」という太陽星座だけでの判断にすぎず、それ以上詳しいものはあまり見受けられません。 より幅広く、より多くの人々に受け入れられるように必然的に簡素化されていきました。 これが占いに対して誤解や間違った解釈を築きあげてしまったことも多々あるかと思います。 しかし占いとは多くの人が知っているより、もっともっと奥深いものになります。

占いの大分類

 占いを大きく分けるとすると三つの分類ができます。

命術

命術(めいじゅつ)、四柱推命や占星術、九星気学などその人の生年月日などから占う方法です。 この占術の長所として、その人の一生涯に渡る全般的な傾向などが分かります。

相術

相術(そうじゅつ)、手相や人相など、姿形から占う方法です。長所として、今現在及び直近の傾向が分かります。 運勢の結果として相にでてくるものを読み取る占い。

卜術

卜術(ぼくじゅつ)、タロット等のカード占いやその場やその瞬間の時間で占うもの。 長所として、YesNoの目先の判断や相手の気持ちを読んだり、間近な傾向が分かりやすい。

占いの客観性

 西洋占星術、四柱推命、タロット、手相、人相、紫微斗数、九星気学、易…、 占いといわれる占術方法は数多の方法がありますが、どれか一つの占術が完璧にオールマイティであるということはまずありません。 それぞれに得手不得手があるものです。
 手相では出会いの時期が分かりますが、相性はわかりません。 占星術では相性や未来の配偶者像に関すること、才能はよく分かりますが、 目先の問題のYESかNOかの回答に対する判断が苦手になります。 タロットなどは目先の判断についてはよく分かりますが、人生全般の長期的展望については苦手です。 ですから、複数の占術を駆使して立体的に多角的に判断を仰ぐことが必要になってきます。 またそれだけ人間の運命は複雑ともいえるのです。
 占う占術の種類によっては鑑定結果に差がでることも当然のようにあります。 西洋占星術で観ると抜群の相性だけれど、九星気学で観るとあまり相性が良くないとこだってあります。 でもその両方の鑑定が間違っているわけでもなく、どちらかの占術だけが正しいわけでもありません。 両方正しく観ている角度が違うだけであり、両方の鑑定結果を参考にしたほうが、 人生や命運をより立体的に捉えることができるはずです。

一方をみれば円、一方をみれば四角。どちらも正しくどちらも間違っていない。両方を観察することによりより正しい情報が得られる。
その他の話題やエッセイ、記事はこちらから…

credit:NASA

サイトマップ

リンクサイト

〜 本棚 〜