占いとの共存

   

人生と占い

 人生とは自分自身が主人公である物語の中で生きているようなものです。 そのシナリオを書くのも、編集するのも、そして主人公である自分自身を演じるのも“あなた自身”なのです。 ですから、可能な限り幸せでハラハラドキドキするような物語でなければ面白くないですよね。  占いとはその可能性を最大限に広げ、本当の幸せへと導く道標になるものなのです。

 ある人は次のように言っています。
「才能や能力、人生に起こり得る事柄はホロスコープ上に全て表わされています。
そしてその98%は変えられないようです。
しかし、ホロスコープ上に暗示されている才能や能力といった幸せの基となるような部分を5%も使っていない…」

  つまりほとんどの人々は生まれ持った自分自身の才能や能力に気付かず、開発されず、発揮されないまま生涯を終えているのです。 せっかくこの世に生まれたのですから、持って生まれた才能と能力は最大限開花させ可能な限り幸せになりたいと思うものです。 贅沢とはいえ誰だって仕事で成功し幸せな家庭を築きたいと思っているでしょう。 その幸せへの道標を教えてくれるのが占いです。

願望成就に偏った占いは邪法

 願望成就に偏った占いは、本来あるべき占いの姿ではありません。 占いに頼っただけでは開運にはたどり着けないでしょう。肉体を持って生まれてきた以上は人としての修養が必要不可欠です。
占いは無条件で私たちに幸せを運んでくれるものではありません。 修養のポイントと正しい方向に導き人生をより豊かにするには…、を教えてくれるアイテムの一つです。
 人は努力なしでは開運できません。各々生まれ持った性格とクセを改めるべきは改めて、 才能と能力を知り開運のタイミングを見つけ出すことができれば幸せを実現する鍵は手に入れたようなものです。 本来の自分自身を取り戻すこともできます。

“星はなんでも知っている…”
 星々は私たちの人生にどんな影響をあたえているのか。
夜空に煌く星々から天空の智恵を引き出し、森羅万象、天地自然の法則に則って人生を歩むならば、 豊かな実りの多い人生を生きることができましょう。
占いとは何か、生活の中に占いをどう利用すべきなのか、人生に起きた事柄をどうとらえるべきか…。
 そんなことを、夢と星の占いサイト Angel's wing で記したいと思います。


Angel's wing れん


credit:NASA

サイトマップ

リンクサイト

〜 本棚 〜